ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

rittyさん

rittyさん

rittyさん

板橋Cityマラソン

2017年3月29日大会/イベント

遅くなってしまいました。

3月19日に行われました、記念すべき第20回になる板橋Cityマラソンに参加させていただきました。


この場をおかりしまして大会主催者様、カリフォルニア・レーズン協会様、出場させていただき、ありがとうございました。


会場や天候から

会場は荒川河川敷、コースも荒川河川敷になります。
天候は晴れ、18度近く上がる予報でしたが風が強めでしたのでそこまでの暑さは感じることはなかったです。
今回は子供達も応援で付き添ってくれたため、我が家は車で向かい、会場とは反対側の河川敷近くのパーキングにおきました。車の中でゆっくり、カリフォルニア・レーズン30g、カステラ3切れ、赤飯のおにぎりを2つ食べました。

とてもたくさんのブース、足湯や、東京オリンピックにむけ、車椅子バスケットが体験できたり、子供たちでも楽しめるよう工夫して、大会全体をみんなで盛り上げようとする雰囲気が伝わってきました。

トイレは、若干混雑気味でしたので、早め早めに済ませる必要があると感じました。

画像3 スタート
スタートは自己申告タイム順になっていて、私はAブロック。女子は50名ほどAブロックにいました。
並んでいるすぐ真横に、ゲストでいらしゃっていた瀬古さん、増田さん、土佐さんがいらしゃって、かなりモチベーションが上がってしまいました。スタート移動には混雑は気になりませんでしたが、私の場合30前にはブロックの中に入りゼリー、カリフォルニア・レーズンを食べながらストレッチしていました。

画像4 レーススタート!!
スタート〜10キロ
スタートから10キロほどは河川敷コース目一杯の幅を走らせていただけるので、前方のブロックの方達はスムーズにスタートしている印象でした。
10キロすぎるくらいから河川敷コースは、往路復路の二つに分けられるようで走路幅がすこしせまくなります。
10キロ〜ハーフ
とにかくアップダウンがすくない折り返しなので、記録の狙いやすいコースだと思います。ただ、毎年強めな風がふくそうで、今年もレジャーシートに軽めの荷物しか置いていないとふきとばされる程度の風がありました。
頭には風のことをおいて抑え気味に走っていたものの、折り返し直後の向かいの風に精神的にやられてしまいました。カリフォルニア•レーズンが給食にあることに安心して前半は水しかとらずハーフを折り返しました。
ハーフ〜25キロ
ハーフを折り返し気がついたことは、思ったより風が強いことと、いつもより大量に汗をかいていて、足が痙攣し始めているということ。
ランパンをみたら黒いランパンがシマウマのように綺麗なシマシマ…。恥ずかしいのと、汗を久しぶりに大量にかいたので体内の塩分不足が心配になり、給食のカリフォルニアレーズンをとり始めたけれど、時すでに遅し。

いつもは38キロ付近から痙攣し、たたきながら走れば治るのに、叩いても叩いてもダメでつってしまいました。


25〜41キロ
とにかく、1キロ強走っては歩いてストレッチ、給水給食を何回繰り返したかわかりません。リタイアだけはしたくないと思いました。
いっぱい女性ランナーにも抜かされたけれど、自分の現在の実力なのだと反省しながら走りました。


41キロ〜ゴール
息子が大きな声で「遅いから心配したけど元気じゃないか〜。なんでそんなにおそいんだ〜?」とついてくるので、「つってるんだよ〜」と叫びながらゴールをし、人生初、脇腹もつってしまうといういたいおもいをしました。

結果
5キロ 21:48 (21:43)
10キロ 43:44 (21:56)
15キロ 1:05:42 (21:58)
20キロ 1:28:06 (22:24)
ハーフ 1:33:04
25キロ 1:52:01 (23:55)
30キロ 2:17:04 (25:03)
35キロ 2:44:21 (27:17)
40キロ 3:13:27 (29:06)
Finish 3:26:13


ゴール後
ありがたいのは、ドリンクの他にホットドリンクとシャーベットがあるんです!!
私は内臓が弱いので、ホットドリンクがありがたくて本当に感謝でした。シャーベットは子供達が嬉しそうに分け合ってました。





レースのために出た調整のレースで体調を崩し、手応えがあっただけに今回参加させていただいたフルマラソンで力を出しきれずに残念です。
私にとっては暖かめな気温、コースと条件が良かったのですが、給水給食方法を失敗してしまいました。少しの気温差でも汗をかくことに慣れていない3月、汗の塩分濃度が高くなるので、暑さ対策、早めの栄養補給は必須です。

コースは記録の出やすいコース。風は強くても、往路は追い風、復路はほぼ向かいでも、ふいたりやんだりで、ペース配分を間違えなければ走り切れるコース。
待ってる応援の人たちも楽しめる、あたたかい大会。
なんといっても、カリフォルニア•レーズンが給食にありますの、もう1度リベンジしてみたいし、おすすめです!!


調整のハーフマラソンのレース後、内臓疲労が取れず、まる1週間苦しんで、練習を落としてもようやくゴールできる程度で終わってしまいましたので、今回はまる1週間思いきって走らず、子供達と激しく走り回るくらいにして体を休めました。

今シーズンは、4月頭に中旬に茨城であるフルマラソンのため埼玉県のハーフマラソンと、長い距離はあと2本レースがあります。汗をかくことに慣れること、栄養補給を考え練習していきたいと思います。