ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

夕焼けさん

夕焼けさん

夕焼けさん

葛飾柴又帝釈天を歩く

2017年4月15日大会/イベント

画像1 4月15日(土)「男はつらいよ」で一躍有名になった葛飾柴又を

ウォキングしました。京成高砂駅を降りて、徒歩で柴又まで歩く。

ここから柴又帝釈天参道が延びています。この参道には団子や屋や

煎餅屋など何代も続いた老舗が多いのが特徴です。

寅さんがひょっこり現れそうな下町情緒溢れる景観と、暖かい人情

を感じられる街の活気あふれる様子を見ながら歩きました。

コースは京成高砂駅⇒葛飾柴又⇒柴又帝釈天参拝⇒山本亭での休憩と

喫茶を楽しむ。

この建物は、地元ゆかりの山本工場(カメラ部品製造)の創立者で

ある山本栄之助の自宅でした。それを葛飾区が取得しい一般公開して

いるもので、「寅さん記念館」と併せて入場料がシルバー料金で

450円でした。見学後庭園を通り抜け「寅さん記念館」に見学に入る。

場内は映画そっくりの街のセットが作られていて、楽しかった。

寅さんファンにとっては嬉しいことである。出口に正面には山田洋二

ミユージアムを同時に見学が出来た。

午後からの昼食は15名揃って「やぶ忠」の二階で、「さくら定食」

を賞味した。値段は1500円である。一時間の自由時間のあと、

柴又駅前の寅さんの銅像をバックに記念写真を撮り、帰路の電車に

乗った。今日は北距離は5kmぐらいかな。

柴又駅のまえの寅さんの銅像

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加