ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

まきおさん

まきおさん

まきおさん

飛騨高山ウルトラマラソン100キロ走ってきました

2017年6月17日大会/イベント

画像1 6月11日についに飛騨高山で100キロ走りました。
当日は天気も良く朝のスタート時は寒いぐらいで、半そでではかなり寒く震えていましたが、その寒さが、走っているときはとても心地よい風になり、野辺山とは全然違う走りやすい大会でした。第1回大会は出ましたが、それ以降は出ていないので、コース変更したあとのレイアウトもわからず、ともかくアップダウンの厳しい大会だったな、という印象しかありませんでした。

しかし、今回実際に走ってみると私にとってはとても走りやすく、また木立の中を走るので涼しくて、楽しい大会でした。私にとっては…・・・ですよ

画像2 スタートしてしばらくすると、古い街並みを抜けて、郊外へ。野辺山の時とは違いかなり、抑えて入りました。コース変更した後半がどうなっているかわからないので。

相変わらずのアップして、ダウンして、の繰り返しで平地はほとんどなく。それでもいつも練習しているところも、そんな感じなので、気にもならず。ただオーバーペースにだけは、気を付けて走り続けました。

この大会は本当によく、選手の事を知っていてくれて、細かい気配りがなされている大会で。ありがたいです。

画像3 こんな山の中にまで!!とびっくりするぐらい山の中のエイドでも氷の入った冷たい水やスポーツドリンクが準備されていたり、くじけそうなところには、横断幕とか、子供たちの応援とか、太鼓とか、私設エイドとか。
今思い出しても、涙が出そうなくらい、市民全員で応援してくれてる感じがして、脚を止めるわけには行かないな、と思って走り続けました。
感謝しかないです。
エイドも各エイドで特色のある食物の提供もあり、冷たい水もあり、暖かい応援もあり、コースは野辺山ぐらい、厳しいです!本当に!でもエイドまでは頑張ろう!という気にさせてくれるすごく心のこもった良い大会です。

画像4 千光寺の坂は本当に激坂でした。それまでは、登りでも走っていけましたが、千光寺につながる曲がり角を右に曲がったとたん、走るのはあきらめました。トップの選手はどうしたんでしょう?走ったのかな?いや、あそこは無理でしょ。
どのぐらい、すごいかは、来年参加してご体感ください。100キロの部ですよ!71キロは通りませんからね。

でも、そのあとの下りきって、からのほぼ平地の道をしばらく走りますが、アップダウンのコースが好きな私にとっては、逆に、平地のコースは大変でした。
まさか平地を歩くわけにもいかず。ボロボロの足でよろよろと走り続けました。

画像5 この日は、1日中快晴で、でも野辺山ほど暑く感じられず。とても走りやすい1日でした。私にとっては・・・です。
野辺山でリタイヤしてしまい、なぜもう少し頑張れなかったのか・・。ずっと考えていた時期があり、悶々としてましたが、この大会で体力のマネジメントの重要性を改めて感じました。ともかく、前半調子が良いからと、そのまま走り続ければ、後半脚が止まるのだと。調子が良くても、ともかく、50~60キロぐらいまでは少しづつ、様子を見ながら走ることの重要性を感じました。
美しい山や自然を感じながら余裕を持ち続けて走ることができれば100キロは遠い距離ではないな、と感じました。走らせていただいたレーズン協会の皆様に感謝します。有難うございました。本当にありがとうございました。

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加