ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

ズンちゃん

ズンちゃん

ズンちゃん

トレーニング前やちょっと小腹が減った時に食べたくなる「補給食」

2017年11月22日食事/おやつ

画像1 シンプルすぎると食欲がそそられないし、かと言って、手間がかかりすぎる補給食は避けたいズンね!?

今回はレーズンに“ちょい足しアレンジ”で、年末年始にかけてたくさんストックするだろう「餅」を使った、
カンタン補給食レシピを紹介するズン♪
スポーツ時に重要となる栄養素のひとつは、エネルギーとなる「糖質」ズンね!
体内で吸収されやすい果糖・ブドウ糖が約70%含まれているレーズンを餅と一緒に食べれば、糖質のエネルギー補給ができちゃうんだズン★

今回のレシピのように、切り餅をつぶして使うと食べやすく&消化も助けるんだズン!
餅だけだと気になるパサつきも、レーズンとあわせることで適度に水分が補われ、
食感が良くなるんだズン♪
包丁も火も使わないカンタン補給食、ぜひ試してみてズ~ン!!


◆ひとくちレーズンもち

【材料(2人分(6個分))】
・カリフォルニア・レーズン: 60g
・切り餅(市販品): 1個(約50g)
・片栗粉:適量
[A] 牛乳: 大さじ2
[A] コンデンスミルク: 小さじ2

【作り方】
① 耐熱ボールに切り餅と[A]を全量入れ、ラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱する。

② ①を電子レンジから取り出し、スプーンなどで餅をつぶしながら混ぜ合わせる。
再度ラップをかけ、さらに1分加熱したら取り出し、全体がなじむまでよく混ぜ合わせる。

③ 片栗粉をしいたバットに②をのせて、乾燥しないように上からも片栗粉をかけ、6等分に手でちぎる。

④ レーズンを10g分ずつ③で包み、お好みでココアやきな粉(分量外:少々)をふるってもOK。

《ポイント》 
・白玉粉なども使わず市販の餅で作る簡単レーズン大福。
 電子レンジは2回に分けて加熱するとよりなじみやすいです。
・レーズンを包むときに餅が手にくっつくようでしたら、片栗粉を手につけると包みやすいです。

画像2

今回のレーズンレシピは、料理研究家の高橋善郎さんの監修です。
おいしいごはんを頂きます!(ブログ https://ameblo.jp/my-recipe365/)

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加