ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

鈴木莉紗さん

鈴木莉紗さん

鈴木莉紗さん

「順調です!」

2018年1月26日トレーニング

マラソンシーズン真っ只中。
皆さんの調子はいかがでしょうか?
私は名古屋ウィメンズマラソンに向けて順調に走り込みができています。
1月はとにかく走ってスタミナを作り、質の高い練習をするための脚を作りつつ
食べながら余計な体脂肪を落とすのが目標です。

1月21日現在の月間走行距離は約430km

画像2 今までの月間走行距離はだいたい400~500kmなので、こんなに走ったことは生まれて初めてです。
30km走、アップダウンを利用した40km走のほか、午前と午後に20kmずつ走る40kmジョギングなど、質や量はバラバラですがとにかく距離を踏んでいます。

平日の仕事が朝の10時すぎ~22時までなので、おもに朝練習がメインです。
時間を捻出するには工夫が必要ですが、走るのがとにかく好きなので全く苦になりません。

「ぜんぜん疲れていない!」と言い聞かせても身体は正直らしく、顔がゲッソリとこけてしまい、コーチや周りの方に「疲れてるよね?大丈夫?」と心配されてしまう日もありました。
また、内臓疲労で食欲が落ちてしまい、思うように食べられないことも…。

ランニングは脂質代謝の運動なので、走れば走るほどカラダの脂が抜けていき肌も乾燥気味となり、適度に脂も取らないとカラッカラになってしまいます。
発汗によるミネラルの損失とあわせて、走れば走るほど踵で赤血球を踏みつぶしてしまうので、スポーツ貧血になるリスクが跳ね上がります。

そこで、最近より一層気を付けているのが食事です。
タンパク質を中心に炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質をバランスよく摂るように心がけています。
炭水化物はGI値が高くないものをなるべく選んで、血糖値が急激に上昇しないようにしています。
ちなみに、白米や白い食パンはとっても美味しいけれど高GI値食品なので、練習直前以外は食べないです。

写真はある日の夕飯。
勤務先のジムの近くに冷凍食品屋さんができたので、そこで販売されている野菜ミックスグリル(オリーブオイルやニンニク等の下味がついているのでそのまま加熱調理すればOKという手軽さ)と
カリフォルニア・レーズンを合わせて炒めたものに、スパイス味の鶏もも肉グリル、玄米ごはん。

画像3 ビタミンの中には油と一緒に摂ると吸収率が良くなるものもあるので、こういった調理法もオススメですよ♪

たくさん走った日の朝は、リンゴやベーグルサンド(ゴルゴンゾーラチーズとカリフォルニア・レーズンを乗せてはちみつをかけています)、オレンジジュースで糖質とミネラル、ビタミンをたっぷり補給!



ゴルゴンゾーラチーズなどに代表される青カビチーズは、アミノ酸やビタミンB2(糖質、タンパク質、脂質の代謝を助けてくれる)が多い食べ物。
カリフォルニア・レーズンは鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれていて抗酸化作用もあるので、疲労回復にももってこいの優秀食品☆
周りの貧血気味の方にカリフォルニア・レーズンを勧めていて、皆さん積極的に食べるようになってから調子が良さそうです^^

これ以外にも間食でプロテインを飲むようにしたり、とにかく筋肉が分解されたり貧血にならないよう細心の注意を払っています。
以前はお弁当もあまり作れていなかったのですが、最近は作っています。
ブロッコリーや玄米など、見た目がかなりストイック(笑)

画像4 不思議なことに、走り込めば走り込むほどカラダのセンサーが敏感になっていき、お菓子などはあまり食べたくなくなります。
食べたくならなければ食べないことにストレスを感じなくなります。
「自分にとって何が今足りない栄養なのか?」ということもなんとなく気づけるようになるので、食べ物を選択するときに考える力が身についていきます。
「たくさん練習する」→「カラダに必要なものを食べる」→「体調が良くなる」→「ケガしないでたくさん練習できる」→「走力が上がる」という良い循環になります。
わたしも今、この良い循環にやっとハマってきて体重も落ちてきました。

画像5 ※56kg台で停滞していたのですがやっと壁を突破しました(笑)

食べたものでカラダはできているので、これからも栄養バランスを意識しながらたくさん食べてたくさん
走って、強くなります!

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加