ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

鈴木莉紗さん

鈴木莉紗さん

鈴木莉紗さん

4日連続ポイント練習をしてみました!

2018年5月29日大会/イベント

だんだん気温が高くなり暑くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
わたしは暑さがあまり得意ではないのですが、自分のココロとカラダに鞭を打って練習に励んでいます。
今日は、最近の練習と今シーズンの目標について書きます♪

先日、生まれて初めて4日連続のポイント練習をしてみました。

1日目→インターバル走(2km×5本)
2日目→15kmビルドアップ走
3日目→赤坂東宮御所6周ビルドアップ走
4日目→加圧トレーニング

気温は1日目が27度、2日目は23度と5月としてはかなり高く、湿度もあったため、なかなかのキツさでした。

画像2
練習直後の写真。汗をびっしょりかいてます。
インターバルでは2~4本目が設定タイムよりかなり落ちてしまい、1kmの通過が3分48秒にまで落ち込んでしまう有り様に気力が喪失しかけましたが、最後の一本は持ち直して、設定よりだいぶ速く走ることができました。
翌日のビルドアップでは、8kmを通過したあとから、気温の上昇にともなって心身ともにとても辛く、
「あぁ…もうやめたい」と思いましたが、弱音を吐かず最後まで走り切りました(設定タイムをギリギリのところでクリアしたので、次回はもっと余裕を持って走りたいと切実に思いました)。

3日目の練習は出勤前に実施しましたが、気温が低かったこともあり、一番良い手ごたえで走ることができました。
東宮御所は、坂道だらけで激しいアップダウンが楽しめるコースです。一周3.3kmですが、負荷が高いので5km以上に感じます。マラソンシーズンで脚づくりをするときは、9周~10周をすることもあるくらいの
お気に入りコースです。

3日目までは気力で体力をカバーできたものの、4日目の朝は全身疲労で起き上がることができず、朝練習は
断念して加圧トレーニングを行いました。
加圧トレーニングのあとは軽くジョギングをすることが多いのですが、この日は全くカラダが動かず、「歩いては小走り→具合が悪くなって立ち止まる→でも走りたいから小走り→すぐ歩く」を繰り返してしまったため、走るのを諦めざるを得なくなりました。

気力があるのにカラダが全く言うことをきかなくなったのは、とても久しぶりでした。
今はゴッドハンドの先生にカラダをほぐしてもらって疲労が抜けたので、超回復でしっかり走れそうな予感しかしていません。

コーチから「普通の練習をしたら、普通の記録しか出ない。普通じゃない練習、人からギョッとされるような練習をして、乗り越えられたときに突き抜けることができるんだからがんばれ!」と教えてもらいました。
現役時代、ものすごい練習をして日本代表にまでなった方の言葉には、重みと説得力があります。

設定タイムがクリアできなかったり、暑くて走るのが本当にきつくてやめたくなったときに、脳裏をよぎる言葉は
「練習で自分に負けたら試合でも絶対に勝てないし、負け犬。そんな情けない自分になってもいいのか?」
「設定タイムはできると思われているから設定されているはず。自分は絶対できるんだ!って自分を信じよう」です。
わたしはメンタルが本当に弱くて(カラダは頑丈なのに…泣)自分に負けてしまうことが多々ありますが、そのメンタルを鍛えるのは日々の練習と生活です。
わたしにとって試合は成果発表の場。練習でできないことは本番でもできません。

そんなわたしを支える強力なパートナーの一つが、カリフォルニア・レーズン。
朝はカリフォルニア・レーズンと全粒粉のシリアル、オートミールを混ぜたものにアーモンドミルクをかけたものを食べて、エネルギーチャージしています。

画像3 今年は秋のフルマラソンには出場せず、10kmとハーフマラソンにたくさん出ることにしました。
10月のハーフマラソンで自己記録(1時間17分47秒)を更新できるよう、減量と練習をがんばります!

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加