ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

ズンちゃん

ズンちゃん

ズンちゃん

レーズンといわしの南蛮漬け

2018年6月25日食事/おやつ

画像1 梅雨の季節は蒸し暑い日が多くて、酸味のあるサッパリした料理が食べたくなるズンね~!?

今回はカリフォルニア・レーズンと旬のイワシを使った、サラダ感覚でズンズン食べられる「レーズンとイワシの南蛮漬け」を紹介するズン★

レーズンの天然の甘さが砂糖代わりになるから、少ない砂糖でも美味しく仕上がるし、よりコクのある味わいになるんだズン!
レーズンに含まれている食物繊維やミネラルと、イワシに含まれているDHAやEPAを同時に摂れるから、健康に気を遣っている人には嬉しいレシピだズンね!!

酸味のある料理に“ちょい足しレーズン”! 
ぜひ覚えておいて欲しいズ~~~ン♪



◆レーズンといわしの南蛮漬け

【材料(2〜3人分)】
・カリフォルニア・レーズン:30g
・イワシ:3尾
・ブロッコリースーパースプラウト:1袋
・玉ねぎ:1/4個
・にんじん:1/4本
・パプリカ(赤):1/2個
・サラダ油/片栗粉:各適量

[A] 酢:100ml
[A] しょうゆ:大さじ2
[A] みりん:大さじ2
[A] 砂糖:10g
[A] とうがらし(輪切り):1本分

【作り方】
① ボウルにカリフォルニア·レーズン、[A]を入れ、混ぜ合わせる。

② 玉ねぎは繊維を切るように薄切りにし、水に10分ほどさらしてザルにあける。
にんじん、へたとわたをとったパプリカは千切りにし、ブロッコリースーパースプラウトは軸を切る。

③ イワシは3枚におろし、一口大にカットし、片栗粉を薄くまぶす。
フライパンにサラダ油(使用するフライパンに対して5mmほどの量)を入れ、温める。
イワシを皮目から入れ、1分30秒ほど揚げ焼きする。
裏返し、同様に揚げ焼きし、油を切る。

④ 1に2、3を加えて、さっくり和え、器に盛り付ける(お好みで冷蔵庫で冷やすとより美味しく召し上がれます)。


《料理コメント》
揚げ焼きしたイワシをタレに漬けて野菜をあわせることで、味のなじみが良くなります。
作った直後にも美味しく食べられますが、半日〜1日ほど冷蔵庫で冷やし、パンに挟んでバインミー(やわらかいフランスパンに具材を挟むベトナムのサンドイッチ)にアレンジするのもオススメです!
ブロッコリースーパースプラウトはかいわれ大根やピーマン、イワシはアジや白身魚でも代用可能ですので、お好みの食材でぜひ作ってみてください!

画像2

今回のレーズンレシピは、料理研究家の高橋善郎さんの監修です。
高橋さんのブログ「おいしいごはんをいただきます!」 https://ameblo.jp/my-recipe365/

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加