ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

夕焼けさん

夕焼けさん

夕焼けさん

第39回健康ウォーク・埼玉新聞共催

2018年11月11日大会/イベント

画像1 2018年11月11日(日)SWA主催の例会に参加しました。
東武東上線小川町駅を下車してリリック小川(小川町役場)に

集合してスタートする⇒市街地を抜けるとみどりが丘自治会館

に至る、ここで小休止をとる⇒団地を通過して鬼ケ谷津沼に出

る⇒能満寺も通過⇒更に進むと小川町農産物直売所に着く、

ここで新鮮な野菜類を参加者が買っている。しばらく買い物に

夢中であったが進行する⇒結構里山を延々と歩き今日の昼食場

である、埼玉伝統工芸館に着く。ここは日本スリーデーのコース

の一部で、和紙の里という道も駅でもある。埼玉伝統工芸館は、

「生活に潤いと美しさを」という願いを込めて建設された施設です。

小川和紙など埼玉県内の伝統的手工芸品20産地30品目が常時展示

されている。和紙工房では和紙作りの職人技を間近に見学でき実際に

体験することもできます。「工芸の里物産館」では小川和紙などの

工芸品、銘酒、漬物、お菓子などの物産品を販売しています。

前述の道の駅「おがわまち」が併設されている。午後からは、下里

分校跡を訪れる。ここは平成23年3月に廃校となりましたが、平成

30年4月に無料休憩所&分校カフェがオープンした。途中オオムラ

サキの生息地を通る。オオムエアサキは羽を広げると10cmもあり、国蝶

に選定されている。青紫の美しい蝶です。レッドデーターブックの準絶滅

危惧に指定されている。地元のコミュニティ倶楽部のメンバーが飼育して

放したり、幼虫の餌となるエノキを植樹そたりして、ようやく昔のように

飛び交う姿が見られるようになりました。また遊歩道のカタクリとニリン

ソウの道を通るが、時期的に花は見られなかった。

ゴールは相生橋を渡り小川町役場である。距離15km。午後の昼食後共催の

埼玉新聞の抽選会があり、私は米飯のパックが当たった。毎年恒例の抽選会

だが、いつも景品が米飯のパックとスポーツ飲料で変わり映えしない行事で

もある。写真は埼玉伝統工芸館。

画像2 しゃしんは鬼ケ谷津沼

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加