ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

ズンちゃん

ズンちゃん

ズンちゃん

レーズンとトマトのピリ辛バンバンジー

2019年6月26日食事/おやつ

画像1 梅雨が明けると、いよいよ夏本番ズ~~~ン!
暑くなると、スパイシーなレシピが食べたくなるズンね!?
今回はピリ辛味と濃厚だれがやみつきの「レーズンとトマトのピリ辛バンバンジー」を紹介するズン★

日本人が不足しがちな栄養素と言われている食物繊維が、カリフォルニア·レーズンにはバランスよく含まれているって知ってたズン!? 今回、タレに使っている味噌やごまにも食物繊維が含まれているから、健康を気にする人にはピッタリなメニューなんだズン♪

もやしやきゅうりなどシャキシャキ食感の野菜を使用することで咀嚼回数もUPするから、満腹感が得られやすいし、トマトの酸味も良いアクセントになっているズン!!

今年の夏もレーズン料理を美味しく食べて、楽しく乗り切ろうズ~~~ン★


◆レーズンとトマトのピリ辛バンバンジー
【材料(2人分)】
・カリフォルニア·レーズン:40g
・鶏むね肉:大1枚(300g)
・きゅうり:1本
・トマト:1/2個
・パプリカ(赤):1/2個
・もやし:1/2袋(100g)
・ラー油:適量

[A] 酒:大さじ3
[A] 砂糖:大さじ1
[A] 塩:小さじ1
[A] こしょう:少々

[B] ポン酢/白すりごま:各大さじ2
[B] みそ:大さじ1と1/2
[B] マヨネーズ:大さじ1
[B] にんにく(すりおろし)/豆板醤:各小さじ1/2
[B] しょうが(すりおろし):小さじ1/4

【作り方】
① 皮を取り除いた鶏むね肉をまな板の上に置き、麺棒で厚さが約1.5cm幅の均等になるまでたたく。きゅうりは5mm幅の斜め切りにし、千切りにする。トマトは5mm幅の角切りにし、パプリカはへたとわたを切り落とし、5mm幅に切る。もやしは沸騰した湯でさっと茹でる。

② 耐熱皿に鶏肉、[A]を入れ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で約5分加熱する。粗熱が取れたら手でほぐす。

③ ボウルにカリフォルニア·レーズン、[B]を入れ、混ぜ合わせる。②を加えて和える。

④ 器に①の全ての野菜、③をバランスよく盛り付け、ラー油をかける。


《料理コメント》
作りたても美味しいですが、半日以上冷蔵庫に入れておくと、レーズンの味がなじんでさらに美味しく食べられます! また、白すりごまの代わりに白ねりごまを使用すると、より香り高く濃厚に仕上がりますので試してみてください。

画像2

今回のレーズンレシピは、料理研究家の高橋善郎さんの監修です。
高橋さんのブログ「おいしいごはんをいただきます!」 https://ameblo.jp/my-recipe365/

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加