ラン&ウォークアンバサダーBlog ラン&ウォークアンバサダーBlog

鈴木莉紗さん

鈴木莉紗さん

鈴木莉紗さん

過去最高の練習を…

2019年8月29日トレーニング

毎日湿度と気温の高い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか?
わたしは暑さにとても弱いのですが、自己ベスト更新のためほぼ毎日走っています。
東京は暑すぎて距離走などをすると内臓疲労を起こしてしまいます。
そのため、勤務先の夏休みを利用して北海道の千歳まで足を運び、二泊三日の単身合宿を行いました!

練習メニューは以下の通り
1日目→午後練・1000m×10のインターバル走、夜練・9kmジョグ
2日目→朝練・6.5kmジョグ、午前練・10000mペース走、午後練・10kmジョグ
3日目→朝練・40km走(林道で実施)

画像2 コーチに相談してこのような流れになりました。
以前は全てコーチに指示してもらっていましたが、最近はポイント練習も大まかなことは自分で考え、それで良いのか確認しています。

3日目の総走行距離は97km。
1人で合宿に行ったこともなければ、短期間でこんなに走ったこともありませんでした。

画像3 強度の高い練習をする前にはカリフォルニア・レーズンで糖質とミネラルを補給♪
北海道といえども日中は30度になるため、日に日に疲労感が増して食欲も落ちていきました。
食欲不振の時でもレーズンは食べやすく、大変重宝します。
最後の距離走が終わったあとはフルマラソン後のようなダメージが全身を襲い、練習でそんな状態になったことがない私は自分のカラダにビックリ!
歩行速度はかなり遅く、食べ物も受け付けず本当にきつかったです。

北海道から戻ってきたあとも、ロングインターバルや高強度のペース走(暑い時期には絶対にできなかった練習)もこなすことができました!

合宿もポイント練習も1人なため、メンタルの強さをとても試されます。
走っている時、キツくなると何回も「あぁ…やめてしまおうか?メニューを変えようか?」という悪魔のささやきが聞こえてきます(苦笑)

だけど、体調や足が悪くないのにメニューを変えたり、やめると情けなく悔しい気持ちでいっぱいになります。
練習で自分に負けるとレースでも自分に負けてしまう。
だからわたしは一度決めたことはなるべくやり通すようにしています。

マラソンはメンタルスポーツであり、常に己との闘いです。
走力を上げるならば練習会などで集団の力を借りるのが効果的!
精神力を鍛えるならば1人で走るのが良いと思っています。

みんなで走れば速くなる
1人で走れば強くなる

レースで過去の自分に勝つために、今年の夏はたくさん走ります。

icon-twitter icon-fb このエントリーをはてなブックマークに追加