スポーツアンバサダーBlog スポーツアンバサダーBlog

鈴木莉沙さん

初めまして!レーズン大好きなマラソンランナーです! 鈴木莉沙さんインタビュー

「カリフォルニア・レーズン スポーツアンバサダーBlog」の新たなゲストブロガーとして、鈴木莉紗さんが登場します!
鈴木さんは、自著『1日10分も走れなかった私がフルマラソンで3時間を切るためにしたこと』のタイトルどおり、陸上未経験で1日10分も走れなかった時からたった1年半でサブ3(フルマラソンを3時間以内で完走)を達成。その後、2016年の東京マラソンでは日本人女子7位(総合16位)に入り、タイムは自己ベストを更新し2時間39分56秒を記録しました。
そんな鈴木さんは、なんと大の「レーズン党」! 普段からカリフォルニア・レーズンをよく食べているという鈴木さんに、ゲストブロガー就任記念としてインタビューにお答えいただきました。

1kgの大袋レーズンが1ヶ月持ちません!

鈴木莉沙さん

―――鈴木さんは毎月かなりの量のレーズンを食べていると聞きましたが、どんな時に食べているのですか?

朝食はいつもミューズリーを食べているのですが、もともと入っているレーズンの量だけでは心許なくて、買い置きのレーズンを一掴み足しています。近所のスーパーで売っている100gぐらいの小袋ではすぐに食べ切ってしまうため、最近はもっぱらネット通販で1kgの大袋を買い置きしていますが、小腹が空いた時にもついつい食べてしまうので、1kgあっても1ヶ月は持ちません!(笑)

私の身体がレーズンの効能を実証していると思います!

鈴木莉沙さん

―――そんな鈴木さんとレーズンの出会いは、何がきっかけだったのですか?

幼少時から実家にはレーズンが常備されていたので、毎日のおやつとしてレーズンを食べるのが習慣でした。そのおかげか、骨密度を調べてもらったら、なんと平均の倍以上ありました!これまで骨折の経験もなく、私の身体がレーズンの効能を実証しているんじゃないかと思っています。
マラソンを始めてから、特に大会前は食事内容にもナーバスになってしまうのですが、食物繊維が多いレーズンを食べてもお腹が痛くなったりしないんです。それに、レーズンは一粒が小さく食べる量を調節しやすいのが嬉しいです。また、筋肉をつけるためにプロテインバーを自分で作ることもあるんですが、パサパサしがちなプロテインバーも、レーズンと一緒に食べると唾液が出るせいか、とっても食べやすくなるんです。

今から書くのが楽しみです。みなさんも楽しみにしていてくださいね!

―――それでは最後に、「カリフォルニア・レーズン スポーツアンバサダーBlog」ゲストブロガー就任にあたっての意気込みをお聞かせください。

今日のインタビューで、子どもの時から大好きなカリフォルニア・レーズンへの想いを少しはお伝えできたかと思いますが、これからさらに毎月ブログで書いていきますので、ぜひ読んでくださいね。レーズンとスポーツが大好きなみなさんと、このブログを通じて交流できることを楽しみにしています!

本日はありがとうございました。
鈴木莉紗さんのブログ第1回目は、2016年8月下旬に公開予定です。お楽しみに!

鈴木莉沙さん

鈴木 莉沙 (すずき りさ)
マラソンランナー/加圧インストラクター

25歳のとき独学で走り始め、初マラソンは3時間43分台で完走。その後、元陸上競技選手で現在は城西大学准教授の平塚潤氏に師事を仰ぎ、走歴1年半で参加した3度目のマラソンでサブ3を達成。現在は、自由が丘の加圧トレーニングジム DEUXで加圧インストラクターとして勤務しながら、株式会社アートスポーツの契約ランナーとして競技を続行中。加圧インストラクターとして、数多くのランナーの記録を更新させている。